風彩玄関の壁紙がかわりましたよ!

12月から「まだら」というスタッフSの飼い猫(子猫)が風彩に顔を出すようになり、三ヶ月がたちました。

 ご利用者様へのご確認の元、大変癒されると待ち焦がれるご利用者様もいて、成長と共に心が癒されているご様子です。

癒されるなあと感じ、アニマルセラピーについて調べたいと思いました。日本アニマルセラピー協会のホームページを参照しましたところ、「アニマルセラピーとは動物と触れ合うことで、心が落ち着いたり、ストレスが軽減すること。」「古くは古代ローマ時代に負傷した兵士のリハビリに馬が用いられたと言われている。」「ドイツやオーストラリアでペットを飼うことが医療費の削減に繋がったというデータがある。」などの記載がありました。また、協会の方々とセラピードッグの施設や病院への訪問活動なども紹介されていていました。 実際に「まだら」と過ごすことで、この効果を納得しながら拝見させていただく事ができました。

 そんな効果を実感しつつ、壁紙も「椿と猫(アイドル)」です。ご利用者様の笑顔も変わって来ました。また今日も、小さくとも大きなご縁にスタッフ一同感謝しております。