丸山恵美子様のライアー演奏~感動をありがとうございました~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA1月23日にお迎えした「笑いヨガ」のボランティア3名様の中で、最後に「ライアー」という楽器を演奏して下さいました丸山恵美子様です。長きにわたりお母様のご病気と向き合い介護されており、現在は要介護5のお母様が当事業所をご利用されております。

「ライアー」は、かつてジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつでも何度でも」で弾かれていた竪琴です。その音色は透明感にあふれ、深く身体と心の奥まで染み渡るものでした。

当日はお母様も当事業所をご利用されており、スタッフがお母様を恵美子様の隣にご案内すると、恵美子様は「この楽器を始めるときに、一番応援してくれていたのが母でした。いつかこの楽器が有名になり、皆の前で演奏できる日が必ず来る。」とお話しされ、現在まで病気を重ねながらも今、こうしてお母様の隣で演奏できる事への感謝のお気持ちを感極まりながらも語っていただき、一同涙、そして胸を熱くさせていただきました。

恵美子様が「ふるさと」を演奏され、全員で合唱をしている時でした。お母様がしっかりと目をパチパチとさせ、演奏している恵美子様を確認しているお姿に一同歓喜の声があがり、「繋がる思い」「愛情」と「ご縁」にとてつもない力を感じさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

「これも母のご縁です」とお話しされる丸山様から、介護が必要となった親であり子である今を「生きていくお姿」に、感じて心を動かさせていただきました。

デイサービス風彩の今後のかかわり方、ご利用者様全てに通じる人生の過程にかかわらさせて頂いた時、この瞬間をいつも思い出していきたいと思います。

丸山様ありがとうございました。これからのご活躍を心よりお祈り申し上げます。