まだら2歳になりました

2年前、ご利用者様のご家族様が活動する動物愛護ボランティアのご縁で、事情により育てられない環境で生まれたばかりの子猫がスタッフSのもとにやってきました。スタッフSとご家族の愛情につつまれ、成長する過程をデイサービス風彩でも共有させてもらいました。ご利用者様の笑顔や癒しに繋がり、風彩のアイドルとなりました。室内で成長、生活している「まだら」とご利用者様のふれあいにはスタッフの管理の下で対応しており、アニマルセラピーに繋がっています。これからも皆様「まだら」を宜しくお願いします!

【アニマルセラピー:日本アニマルセラピー協会ホームページより】
動物と触れ合うことで、心が落ち着いたり、ストレスが軽減したりといった、動物を通じて人々の心を癒すのがアニマルセラピーです。
家庭でペットを飼うことは人々が癒される効果があるようで、ドイツやオーストラリアでは医療費の削減に繋がったというデータが有ります。日本アニマルセラピー協会では施設や病院などを訪問し、アニマルセラピー活動を行っています。