6月20日講演会のご様子が信毎MGプレスに掲載されました(次回のご案内もご覧ください)

相コミュニティーセンターにて隔月で開催している講演会が、昨年12月には市民タイムスさんに取材していただき、掲載されました。

信毎MGプレス 7月3日号

そして今年6月には信毎MGプレスさんに取材していただき、7月3日付の紙面に大きく掲載されました。

 行政書士の宮澤先生と、当施設のご縁により始めました講演会。おかげさまで第5回目まで積み重ねることができました。
講演会では、一度きりの人生を「自分らしく生きていくために」必要な制度と、手続きのタイミングをお伝えしております。今後生活してゆく上での安心感につながればと思っております。この活動がさらに皆様に
広く周知されることを願い、今後も活動を継続して参ります。

次回8月22日水曜日に開催する講演会「50代から考える老いじたく~親が元気なうちに聞いておきたい5つの事」では、近頃話題のエンディングノートに繋がるお話をいたします。

50代の子供世代が、いざ親に介護が必要になった時、あるいは親が亡くなった時に後悔をしないように、親が元気なうちに何を話しあい、何に取り組んでおくべきかという視点でのお話しです。同時に、自分自身の老後や子どもの為に何をしたら良いか気づかれると思います。

介護の専門家にお悩み相談もできます。ぜひお気軽にご参加下さい。

こちらの次回案内のチラシご参照ください!