5月の出来事

5月の出来事をまとめてご報告致します。

①社協さんから頂いたバラ

②召田様からタオルの寄付

③ロボットスーツ体験

④運営推進会議

⑤定期総会

⑥5月の壁紙(山菜)

①社協さんから頂いたバラ

デイサービス風彩近隣にある安曇野市社会福祉協議会デイサービス豊科様には当事業のケアマネジャーがご利用者様を紹介する他、デイサービスのお仲間としても大変お世話になっております。

デイサービス豊科様では市内の工場からフェンスを彩っていたバラの花の提供を受けて、バラの花を浮かべた季節感いっぱいのバラ風呂に利用し、ご利用者様に喜ばれているそうです。当事業所にも香りのよいバラをたくさん分けて頂きました。優美な姿と芳醇な香りを楽しませていただき、ご利用者の皆様も大変喜ばれておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

②召田様からタオルの寄付

以前、居宅介護支援事業所風を詠むのご利用者様でありました召田様(ご永眠)。娘様より感謝のお気持ちとして「いらなくなったタオルがあるので使ってください」とお届け頂きました。デイサービス風彩で、大切に有効活用させていただきますね。ご縁が繋がっていくことは当たり前でない事と心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

③ロボットスーツ体験

デイサービス風彩は多くの関係者の皆様に大変お世話になりながら今日を迎えております。中でもメディカルリンクさんには看護処置の機器類である吸引器等、医療器具関係で大変お世話になっております。

5月24日、介護者の腰痛や障がいにより動かなくなった箇所を、神経を察知して動きの補助を与えてくれる「ロボットスーツ」をスタッフ全員に体験させて頂きました。仕組みは腰と太ももにベルトでとめる器械と配線でつながるパットを神経が通っている背骨付近の所定の位置に貼り、移乗動作等を試してみると、腰に負担がかからない補助をしてくれるというもの。他に、上腕につけるタイプは、障がいで手の動きが不自由になった場合、頭で動かしたいという神経の指令を受け取り、力を入れなくても動くというものを体験!

静止画では伝わりづらいですが、「うわー」と歓声があがりました。大きさなどがまだ気になりますが、技術の「あたたかい進化」を感じました!「ロボットスーツ体験」ありがとうございました。それでもやはり、人が人に関わる姿に安心していたいです。  

 

 

 

 

 

 

 

 

④運営推進会議

5月25日、地域密着型通所介護として一年に二回行っている運営推進会議を開催いたしました。成相区区長様、民生委員様、ご利用者・ご家族代表様、安曇野市役所介護保険係長様をお迎えして、当事業所にて半年間の実績や活動の報告、地域での活動を報告しました。求められる事業所について忌憚のないアドバイスと、重度の状態でも安心して利用できる体制及びスタッフへの高い評価を頂きました。

事業所がその地域に存在している意味は、事業所で何故働いているか、その気持ちや資格を有する者の使命、そしてお陰様で継続出来る年月の分だけの出会いがあり、ご縁があります。地域で活動を続けていられる今に感謝しております。これからも宜しくお願い致します。

⑤定期総会

5月26日、NPO法人社会生活サポートチーム風を詠む定期総会を開催致しました。

現在の会員は福祉・介護・医療・教育従事者を中心に長野県中信地区から群馬県まで28名の会員で構成されております。 今年度の総会は、何度か講演会の会場としてお借りしております「成相コミュニティーセンター」にて開催致しました。定例の年次報告、次年度予算、活動計画、役員の承認にあわせて、当法人顧問である宮澤行政書士様による「介護従事者が知っておきたい老いじたく」の勉強会も行いました。 定期的に行っている講演会では時間の都合で聞けなかった具体的な法律関係の手続きを学ぶなどして、NPO法人風を詠むに所属しながら、各々が他施設で介護保険や医療、福祉に従事する活動に知識を発揮できるようにと、皆が宮澤先生を囲んで学びを深めました!

当法人のお仲間として活動に興味のある方は、是非ご連絡ください。メンバー全員がお待ちしております!

⑥5月の壁紙(山菜)

山菜です!山に入り、美味しい山菜を採りに行った思い出話に花を咲かせながら、ご利用者様が作成いたしました!季節ごとのテーマに沿った壁飾りをデイサービス風彩の玄関正面に飾っております。