10月17日講演会が開催されました

昨年10月より、地元の成相コミュニティーセンターにて偶数月に開催しております講演会ですが、お陰様で毎回20名程の参加者に恵まれ、早いもので2年目がスタート致しました。
ご参加いただいた方からは、ズバリ「相続」「介護」についての話題は「まだ関係ない事」「暗い話」では無かった。これからの社会に必要、地域の繋がりが深まるものだ。と感謝と希望に満ちたお声を頂きました! 

皆様が必ず迎える「相続問題」は元気なうちでないと出来ない大切な準備があります。自分の為、愛する大切な人の為に心配な事を減らす準備、それが「幸せになる老いじたく」なんです。「介護が必要となった時、どこで、誰に、どんな介護を受けて生きていきたいか」「認知症」「尊厳死」等について考え、自分の希望を明らかにしておくことが後に必ず役立ちます。相続も介護も決して遠い話ではなく、皆様の今後の人生に繋がっています。

2年目を迎え、今回はまず昨年1年間の講義内容の振り返りをしました。老いじたくを復習したあとは、今回から新たに少人数でのグループワークを取り入れました。各グループで参加された理由、現状の思いを語りあい、大変盛り上がりました。地域の皆様や介護、医療、福祉の関係者様達が融合して交流を深め、今後の講演会でとりあげてほしい課題を全員で確認できました。

寒い日の夜の時間帯にもかかわらず、今までにも増して皆様が次回の講演会を楽しみにされ、会を拍手で終了致しました。 次回は12月19日水曜日です。皆様のお越しを心よりお待ちしております!