「地域を考える研究集会」で活動報告

1月19日(土)、安曇野市区長会様主催の『地域を考える研究集会』パネルディスカッションにお招き頂きました。

安曇野市の地域づくりは区を一つの単位とした自治活動を大切に考えています。区の中で支え、助け合い、繋がっている取り組みや抱えている問題点など様々な意見の発表が行われました。
「区と住民、介護事業所が協力しあい良い関係性を築いている一例」として、成相区所在の当法人が、介護事業や介護以外の活動を通じてご縁を繋いでいる事例の報告をして参りました。
(介護事業として居宅介護支援事業所及びデイサービス/運営推進会議/地域への災害時協力/行政書士宮澤先生による相続やエンディングノート等に関する無料講演会の開催 など。)

我々の取り組みが、安曇野市や各区の地域づくり、介護事業所の運営の参考になれば幸いです。

当法人は設立時からの活動の目的(ミッション)を果たす為、これからも『当たり前でない全てのご縁に感謝』の気持ちを大切にして活動していきます。

今回の研究集会にお招き頂き、活動報告の場を与えて頂いた関係者の皆様、どうもありがとうございました。

(当法人活動の目的:風を詠む定款より抜粋)
٠この法人は、加齢による暮らしづらさや、疾病により障碍がある状態となっても、ご本人及びご家族が自らの暮らし方を決定していただけるように、社会生活の全体性、継続性、個別性、地域性を基盤とし、福祉、医療…相談…介護…まちづくり事業を通じてサポートすることを目的とする。

 

市民タイムス平成31年1月20日号に掲載されました。