七草粥で無病長寿

1月7日「七草粥」を作り、ご利用者の皆様に「懐かしい」と喜んで頂きました。

「七草粥」は古来の中国から1月7日の朝に七種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べて「無病息災」を祈ったという習わしが日本に伝わり、百人一首にも詠まれた「若菜摘み(新春に雪の間から出ている青菜を食べると健康になる)」と合わさり、鎌倉時代に「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)、これぞ七草」と詠まれて定番になったそうです。

この時期に食べる七草の効能は納得いくもので、それぞれの由来を調べると面白かったですよ。中でも「すずな(かぶ)」は「鈴菜」と書き、神様を呼ぶための鈴の意味だそうです。また「すずしろ(大根)」はけがれなき清白を表すそうです。なるほどなあと古の思いを感じて見方が変わりました。

私たちが向き合う大事なご利用者様は、大切な人生のひと時をデイサービス風彩で過ごされています。ご病気により様々な症状の方が来所されており、以前は食べられたものが食べられないという方も居ます。伝統行事の形式を再現することを目的とせず、「行事に込めた思い」を大切にします。皆様の今年一年の「健康と無事」を七草粥にこめて、全員で祈願いたしました。これからもお元気で!