1年かけてエンディングノートを作成してみませんか 第2回:6月19日「書いておきたいお墓や葬儀のこと」

今回の内容はエンディングノート内の「お墓」「葬儀」について。講師はお馴染みの相続の専門家、特定行政書士宮澤優一先生です。

「菩提寺は有るのですが・・・事情が有り墓じまいをして、遠方で暮らす子供たちのそばに移したい」という事例や、最近はやりの「家族葬」の手続きなどについて学びました。思い込んでいたこともあり、詳しく知ることが出来て良かったと“目から鱗”の連続です。最後に講義を皆で振り返りながら、先生への質問内容をまとめる機会としてご用意したグループワークの時間も好評です!

成相区の民生委員様もご出席して頂き、「考えておかなくてはいけない内容で、住んでいる地域で定期的な取り組みがありがたい。とても分かりやすく感心した。担当されているお一人暮らしの方に、そして介護保険のケアマネジャーさん達にも是非来て欲しい講演会だった。」とお褒めのお言葉を頂きました。

今年度は1年間の通年企画ですが、皆様には「当日の資料」と、「エンディングノートとA4版のノート」が配布され、毎回前回までの振り返りを丁寧にされますので、ご安心ください。次回は8月21日「書いておきたい土地や財産のこと」です。皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。