この夏も皆様からご縁をいただきました

今年の夏も暑いですが、皆様から沢山のご縁をいただきました。その一部をご紹介いたします。
形が有る無しに関わらず、皆様の温かなお気持ち、そしてコミュニケーションがとても嬉しいです。
スタッフ一同心より感謝もうしあげます。

①運営推進会議
毎年5月と11月の2回。今年度より新しく藤原区長様をお迎えし、宮島民生委員様、ご利用者代表丸山様、居宅介護支援事業所和木主任ケアマネジャー様、安曇野市役所介護保険課平野様により開催。地域密着型通所事業所として地域においての受け入れ状況、防災訓練参加、地区公民館での講演会活動、地域で特徴のある状態が重くなっても少人数での手厚いかかわりと設備を評価をいただきました。また、地域において事業所どおしの連携が課題としてのご意見もいただきました。事業所どおしの連携を市の小規模通所部会の課題とさせていただき、これからも温かいご縁にお応えできるよう努めたいと思います。

②夏野菜をいただきました
今年は日照不足を心配された長い梅雨があけ、いきなりの猛暑となりました。デイサービス風彩のコーナーが有るとお話いただいた穂高在住の藤原様他デイサービス風彩、自転車でお寄りいただく居宅風を詠むご利用者様。そしてご近所の皆様からも、夏野菜(きゅうり、ナス、夕顔等々)を定期的に沢山いただきました。デイのお食事に美味しくいただきました!暑い中ありがとうございます!

③リクライニングチルト車イスをご寄付いただきました
20年以上前、中信地区の病院でソーシャルワーカーをされていた頃からの繋がりで、現在は新潟の敬和学園大学の石坂先生。ご両親の介護のご経験を通じて、デイサービス風彩を知って頂き、学生さん向け講義用に取材に来て下さいました。その節にお父様がご使用された車イスを使って欲しいとご寄付いただきました。
リクライニング型チルト、自走式で珍しく、タイヤも大きいため外や砂利道なども安定しています。デイサービス風彩のご利用者様の状態を知っていただいた上で、使って欲しいとご寄付。ありがとうございました。
石坂先生これからもお元気で!