成相区、第二町内会の防災訓練参加~繋がるお気持ちに感謝~

   10月5日(土)、事業所がお世話になっている地域の防災訓練に参加して参りました😊

町内会長さん、防災班長さん。有事の際、まずはお二人に連絡、避難協力を仰ぐことになっております!
日頃より当事業所についてご理解頂き、本日もお二人より、集まった皆様を前に『この町内会にあるデイサービス風彩です。ご利用者さんは車椅子を使われる方が多いので、避難時には地域のみんなで協力しましょう』と、お話して頂きました。とてもありがたく、嬉しく思います🍀

我々からも『看護、介護の職員がおり、AEDも揃えておりますので、地域のお役に立ちたいと思っています。ご利用者様の命を繋げる為に、皆様と一次避難を共にさせて下さい。』と、お願いさせて頂きました。

 地域の介護事業所として、災害という地域の皆様との共通の危機に対して、出来る互助を考えなくてはと思います。
これまでには、地域住民の方の「町内会の災害備品に車椅子が有ればありがたい」という意見を知り、事業所車椅子の入れ替えのタイミングで3台を寄付させて頂きました。3つの町内会で備品にしてもらいました。

顔の見える安心感に一方通行は無いと思いました。

 災害時の行動については、体験談をうかがう度に、現状には課題が山積みであると感じます。一事業所だけでは大きな災害に立ち向かっても何も出来ません。

デイサービス風彩が所属する安曇野市の小規模通所部会では近々、千葉県の災害に応援に行かれています県社協の橋本様、安曇野市社協の山岸様を講師にお迎えして「災害時の事業所がとるべき対応と事前対策」の研修会を予定しています。我々もこれに参加してしっかり学んで参ります。


自分たちに出来ることを探し、時間がかかっても、やろうとする気持ちを大切にして、実行していきたいと思います🍀
地域の皆様のご理解、繋がるお気持ちとご縁に感謝しております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。