餅つき

12月28日土曜日、晴天に恵まれ、本年もお餅つきが盛大に行われました。「よいしょ!よいしょ!」の掛け声と共に、とても美味しくつきあがりました!

昨年同様に職員の自宅から臼、杵を別々に持ち寄り事前に準備しました。また、社会人や学生となった職員の子ども達4人のお手伝いのもと、若い力と笑顔にご利用者様も大変喜んでくれました。

完成されたお餅は、鏡餅と、食用は餡子と黄粉で小分けさせていただきました。ご縁を頂きました皆様へ心ばかりのおすそ分けもできました。

鏡餅は、新年の神様である「年神様」の依り代だそうです。お正月行事というのは、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事のようですが、お迎えした年神様の居場所が鏡餅でだそうです。鏡餅の役割は、それだけではありません。年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。その魂の象徴が鏡餅との事です。

伝統の行事は良いですね。心まで温かく、そして清らかな気持ちになりました。
ご縁を頂いた全ての皆様のご健康とご多幸を祈り、来年の無事をお祈り申し上げます。