マスクのご縁

感染対策に必要なマスクや消毒用アルコール類が品薄となっています。

マスクは半年前の6倍近い金額で販売されていたり、朝の送迎で見かける開店前のドラッグストアに長蛇の列が出来ていたりと、複雑な心境になります。

学生たちは入学式もままならず、休校が延長されています。緊急事態宣言が全国に発令され、県外との往来も控えることを要請されています。

「外出を控えて欲しい」「今日は陽性何名」というニュースが続きますが、感染症についての正しい知識について、外出を控える今こそテレビで放送して頂きたいと願います。

先ずは感染拡大地域の最前線の医療機関で働く皆様に感染対策必要品が届いていることを願います。

ご案内の通り、デイサービス風彩では、参集いただく成相区での講演会を安全な体制がとれるまで対策を検討したく延期としております。

ご一緒に作ってみませんか?

100均で手に入る材料で

そんな中で、「10分で完成できる 縫わない使い捨てマスク」のご案内を入り口に掲示させていただきました。スタッフKによる作り方のご紹介・実演した動画のDVDもございます。興味のある方はお気軽にお声がけ下さい。

 

 

また、現在は退職している元スタッフYが写真の手作り布マスクをスタッフ全員分作成してプレゼントしてくれましたよ!

使い捨てマスクが不足する中、洗って使える布マスクと使い捨てマスクを上手に使用し、感染対策に役立てています!

表情も気分も明るくなります

また、マスク不足を心配されたご近所の西村様からは使い捨てマスクのご寄付を頂きました。大変ありがたく、ご縁に感謝申し上げます。

困っても慌てない。どんな状況でも独りでは無いと感じました。こんな時だからこそ繋がりを大切にしたいですね。

貴重なマスクのご寄付に感謝致します