町内会へ車椅子をお届けしました

運営推進会議でも議題にあがりましたが、年2回、施設としての避難訓練(うち1回は豊科消防署立会い)を実施し、災害時の対策に努めています。

デイサービスの営業中は当事業所の所在地域の方だけが利用されている訳ではありません。他地域からおみえになっているご利用者も含めて、スタッフと避難する場合の対応のご協力をお願いいたしました。その際には、区の中でも町内会の防災役員様との連携が大切とされ、早速お話をする事ができました。

同町内会防災の担当様へ、当施設で使用されていた旧型の車椅子を2台、災害時に使っていただければ幸いとしてお届けいたしました。また仕事を通じてのご縁がありました他町内会様へも1台お届けいたしました。事業所が小さいので、備品として使用する車椅子にも限りがございます。使い込んで交換していく車椅子は、このように災害対策の備品としてご活用していただける事が我々、「NPO法人社会生活サポートチーム風を詠む」の全員の気持ちです。

デイサービス風彩スタッフとしては、防災の日に町内会様の活動へ参加させていただくこととしました。このご縁に感謝申し上げます。今後とも地域で活動させていただきますので、何卒宜しくお願いいたします。