10月にご近所から秋の便り

今年はコロナ感染対策により夏もマスク着用し、劇的な感染終息も感じられないまま秋になりました。

区の防災訓練や独り暮らし老人の慰労会などが延期される中で、正直寂しさもあります。

そんな中、毎年年2回の区の川ざらいがありました。事業所前を作業です!

また、ご近所の西村様、事業所前の畑の笠原様より「柿」をいただきました!
いつも気にかけて頂き、コロナ感染対策の中でも、マスクをしていても笑顔でのお気遣いや、お互いの身体を心配する温かいお気持ちに救われます!
利用者様、スタッフ一同このひと時に感謝して、これからも元気で過ごしていきます!ありがとうございました!