利用者様からご縁をいただきました

デイサービス風彩は、状態が重度になっても安心してご利用頂ける特色から、利用者様のご逝去までのお付き合いが大変多く、そんなご縁から今回も思い出の衣類や排せつ用品をありがたくいただきました。

また、かつて在宅生活をされていた時に居宅介護支援事業所風を詠む(ケママネジャー)利用者様よりお米を頂きました。デイサービスを併設しているから食べてくださいと、毎年ご縁をいただき、大変感謝しております。

そして、デイサービス風彩利用者で昨年永眠されました故丸山郁子様のご家族様より、松本市で開催された音楽療法の勉強会に参加され感銘を受け、是非当施設で「音楽を流してみたらどうだろうか?」とCDをご寄付いただきました。
状態的に電動ベッド、エアマットにて過ごされる方も、車いすでお過ごしの方も、和合先生の研究により立証されたモーツアルトの調べが、不思議と気持ちを安定させてくれます。利用者様やスタッフ一同も気持ち穏やかに一日を過ごすことができております。

過去、現在と頂いている沢山のご縁に支えられ、未来へと進んで行けます。心より感謝申し上げます。