本年も大変お世話になりました

令和2年、世界はコロナ感染拡大によるパンデミックにより、人としての活動が大きく変わりましたね。

制限される事で、何が大切なのかを見つめなおす時間も増えたのではないでしょうか。

 

我々は福祉、医療や介護関係者の仲間で立ち上げた小さなNPO法人(会員現在25名)ですが、介護保険事業所としてデイサービスやケアマネジャーの実働をしているメンバーは全員で7名です。

感染の拡大が止まらない中、デイサービスは10周年として大切に日々を過ごしてきました。

多くの行事や、地域との交流も、例えば2年間続いている成相区における「老いじたく」「エンディングノート」の講演会は令和2年2月19日を最後に延期中であり、区では避難訓練も中止となりました。感染対策は現在も厳しく対応を求められ、制限も多い中で、事業所で直接利用者様へかかわる7名は、一人も体調を崩すことなく頑張って来れましたよ!

また地域の皆様との行事が減る中でも、マスク不足を心配されたり、お野菜などのご寄付を頂いたり、講演会の代わりにエンディングノートの無料配布を始めましたが、大変好評で、2か月に1回の回覧により、新しいご縁が絶える事が有りませんでした。

交流は一つ一つ温かく、現在も無事に皆様の生活が有り、そして今日も無事に今年最後の仕事を収める事ができました事に、お陰様の感謝をお伝えいたします。

当たり前でない無事を強く感じ、10周年、この仲間でここまで来れて本当に良かったです。

忘れられない一年になりました。

今年一年ありがとうございました。

皆様の健康と無事をお祈り申し上げます。

良いお年をお迎えください。