安曇野市より事業所コロナワクチン早期接種通知が来ました

7月31日、安曇野市役所より、在宅サービス事業所へ「コロナワクチン早期接種のご案内」が到着いたしました。

ニュースでは医療従事者の早期ワクチン接種の次は高齢者施設従事者と報道されていましたが、実際には厚生労働省の通達により、在宅サービス事業所は優先接種から外され、入所施設の従事者のみが接種出来ました。その後は既に全てが終わっているかの如く、警察や消防、教育の分野へと優先接種が進み、今まで優先接種が出来ないままで来ておりました。

接種状況は市町村による違いが発生し、利用者様の接種が済む中で、デイサービス送迎時に「まだ済んでいないの?どうして?」とご家族より心配される状態となっておりました。

デイサービス風彩が今年部会長を務める安曇野市介護保険事業所連絡協議会小規模通所部会では、今年度企画及びワクチン接種についてのアンケートを7月中旬に実施しました。市内他部会へも確認し、通常規模通所部会や訪問介護部会と3部会共同で、市役所へ早期ワクチン接種の要望を8月お盆前には提出するとして取りまとめているタイミングでした。

幸いにも、7月31日に市内在宅サービス全事業所へ従業者への早期接種が通知されました。当事業所でもスタッフ全員がコロナワクチン接種の手配が済み、8月中には1~2回の接種を済ませる事が出来る予定です。市の担当者様の対応に心より感謝申し上げます。
首都圏を中心に、お盆や観光シーズンを迎えて感染拡大が過去最大となっている状況から、市内事業所では、ご家族が濃厚接触者となるケースが既に発生し始めております。ワクチン接種を済ませても尚、感染防護は続けていく時代となっておりますので今後も引き続き、当事業所のサービスが安全の場所の一つとなっていけますよう努めて参ります。

時節柄、皆様も引き続きの感染防護でご自愛ください。