デイサービス風彩の「まだら」6歳になりました

デイサービス風彩ご利用者のご家族様がご活動する「犬や猫の里親活動」のご縁で、スタッフSのもとに「まだら」がやってきたのが平成27年のことでした。当時はまだ手のひらに乗るほど小さい生まれたばかりの「まだら」でしたので、日中はご利用者様のご理解を確認の下、デイの時間を共に過ごしその成長を皆で見守り、スタッフSの家族としてお陰様で元気に6歳の誕生日を迎えましたよ!

利用者様とのふれあいの時間は、何も言葉は要らない自然とこぼれる笑顔に命のふれあいを感じています。「まだら」、そのご縁に感謝です。いつもありがとう!これからも風彩は貴方を待っていますよ。

日本アニマルセラピー協会のホームページをご紹介させていただきます。
「アニマルセラピーとは動物と触れ合うことで、心が落ち着いたり、ストレスが軽減すること。」「古くは古代ローマ時代に負傷した兵士のリハビリに馬が用いられたと言われている。」「ドイツやオーストラリアでペットを飼うことが医療費の削減に繋がったというデータがある。」などの記載がありました。また、セラピードッグによる施設や病院への訪問活動なども紹介されていていました。

この6年間、「まだら」と過ごしたことで、アニマルセラピーの効果を納得しながら拝見させていただく事ができました。