3月の出来事

「デイサービス風彩に春の便り」
デイサービス玄関通路入口の水仙が咲きました。お迎えに上がった利用者様宅では蕗の薹を見つけました。

新型コロナ感染症対策を続けた2年間が終わり3年目が始まります。お出かけするお時間で出会う、小さくても変わらぬ自然の美しさに、季節を感じる発見が嬉しいですね。

「便座が昇降するトイレを設置しました」
デイサービス風彩開所から12年。お風呂場脱衣室に有るトイレを、電動で便座が昇降し、立ち座りの安全な動作、身体の負担軽減ができるタイプに取り換えいたしました。平均介護度4の当事業所利用者様。現状の操作はスタッフにより安全を優先としております。排泄における可能性、処置の必要な方等の状態に合わせて使用できる設備として設置されています。

③この冬にご逝去された利用者様。当施設をご利用されながら、介護に尽くされた家族様よりデイサービス風彩で使って欲しいとご寄付を頂きました。故小倉節子様家族様より処置衛生用品、故笠原啓司様家族様よりオムツ類をいただきました。

デイサービスにて大切に使用させて頂きます。ご利用のご縁をいただけた事に深く感謝申し上げますと共に、家族様のご健康をお祈り申し上げます。ありがとうございました。